zukiの備忘録

忘れないように

はてなブログをPRO化してみた!

2017年12月5日記

本日はちょっと早起きしてブログを書いています。

昨日、はてなブログをPRO化しました。

今年のお盆期間中、8月15日にスタートした本ブログですが、11月のPVが考えていたラインを越えてきたので、PRO化してみました。

f:id:hyzuki:20171204182733j:plain

お恥ずかしいので、想定していたPVラインを開示するのはやめておきますが、ブログを始める時に「ある一定ラインを維持できればPRO化してみよう」と決めてスタートしました。

ひとつは、前述の通りPV数。どんなに書きたい事があっても、読んでくれる方がいらっしゃらないとなかなか続けられません。今読んでくれているそこのあなた、どこの誰とは存じませぬが、本当にありがとうございます<(_ _)> 

もう一つは、物理的にブログを書く時間を維持できるかという点。「飽きないか」という問題もありますが、仕事が忙しくなりすぎてブログを書く時間が維持できなければPRO化してもあまり意味がありません。これは今のところ何とかなっています。

 

PRO化の目的

PRO化の目的の一つは見やすくするため。

はてなブログでは、やはりPRO仕様の方が色々と設定できるようです。

もう一つの目的は収益化

これまでの経験からブログから収益をあげる事の難しさはある程度知っていて、PRO化したところで収益が上がるとは思っていません。遣り甲斐の増加と、一つのバロメーターが増える感じでしょうか。本業の事業の一つであるサイト運営にも活かせるかもしれません。“相場を勉強するなら実際に張るのが一番”という教え?訓戒?と同じ意味合いです。

 f:id:hyzuki:20171204182805j:plain

 

友人からは「収益化を考えるならWordpressがいいはてなブログではPVは稼げてもアドセンスやアソシエイト収益はそれほど見込めない」と釘を刺されていたので、それを確認する意味もあります。たしかに以前取り組んでいたブログに比べPV数は多くても、アソシエイト収益は少ないので現状は友人の指摘通りなのかもしれませんが、そもそもブログで生計を立てたり財産を築こうとは思っていないので(もちろん出来たらうれしいですが(笑))、本ブログがもう少し続けられたら改めて友人に相談しようと思います。

 

ブログと私の距離関係

今の私とブログの立ち位置は丁度良い感じです。

前述の友人の指摘の通り、単純に収益性ということを考えれば少し敷居が高くてもWordpressにチャレンジした方が良いのかもしれませんが、現在の色々用意されている箱庭的コミュニティ感という敷居の低さが、私がブログを継続出来ている一助になっている気がします。

尊敬するYoutuberさんが同じブログを使われているというのもあり、通勤時などに一読して色々なパワーをもらったあと自分のブログを書き出したりして、隙間時間の思考整理に丁度良く、仕事にも好影響を与えています。

隙間時間以外にブログに割く時間は、特別に時間が出来た時を除き1日30分×2回の合計1時間までと決めているので、仕事の間の良いインターバルになっています。書き切れなければまた明日、という感じにしていますが、今のところ1時間で書ききれるブログになっています。それで良いか悪いかは別として(苦笑)

 

 ブログとYouTube

YouTubeでの動画は長さは視聴者側に立てば、長くても5分、丁度良いのは3分位と感じています。たまにラジオ替わりに長時間ライブなども「聴いて」いますが、私の場合、視聴という目的では5分以内が理想です。ですので、私の動画もなるべく5分以内にとどめようとしていますが、ついつい8分くらいになってしまいます。もっと台本を練ったり削れるところがあるはずですが、ブログはそんな推敲の場にもなっています。

そして、5分という動画で伝えきれなかったこと、ちょっとした補足や少し訂正したいことなどをお伝えする場としてブログは最適だと感じています。若干ですが、動画のプロモーションにもなっているはずです。

 

「iPhoneXでYouTubeをバックグラウンド再生する方法」という動画をYouTubeで公開しましたが、より簡単な再生方法を紹介した“動画”をブログ限定で公開してみました。(ちょっとややこしい(苦笑))YouTubeのフォローアップツールとしてのブログの可能性を一層感じた瞬間です。 

www.hyzuki.com

 

とはいえ、独自ドメインを取得し設定しただけなのでまだまだ見やすく出来たり、収益化できているとは言えません。ちょっとずつ時間をかけてでもブログを成長させたいと考えています。

 

ということで、丁度1時間。この項つづく・・・

 

ここまで読みいただきありがとうございました。

 

では、また!

 

 

www.youtube.com