zukiの備忘録

忘れないように

あると便利な物理シャッターボタン付き i Phone ケース

2018年1月30日記

月末の忙しさ&突発対応に追われていますが、頼んでいた商品は予定通り到着しています。ということで、先週ポチった4商品に関する動画を二本公開しました。

 

www.hyzuki.com

 

まずはこちら↓使っていないスマートフォンをトイカメラに変えるケース。

youtu.be

私は甥っ子の誕生日プレゼント用に購入しました。甥っ子の家には使っていないiPhone5Cがあるとのことで、ピッタリではないかと・・・

確かに子供心をくすぐる面白い商品です。注意点として、商品説明欄には「イヤホンジャックがあってサイズが合えばどんな端末でも使える」的なことが書かれていましたが、iPhone4とかiPhone5位の大きさの端末が良いと思います。若しくはiPodtouch。

特にAndroidスマホの場合形状がまちまちで、イヤホンジャックが上部についている端末などは、サイズが合ってもケース内に収まらない可能性もあります。

f:id:hyzuki:20180130101104j:plain

 

専用アプリはシンプルながら子供が使うには十分で、これだけでもキャッキャ言いながら遊ぶのではないでしょうか。無料でダンロードできるのでこれだけ試してみるのもいいかもしれません。

iOS用

https://itunes.apple.com/jp/app/pixlplay-camera-app-for-kids/id1238044189?mt=8

Andoroid用

play.google.com

アプリの評価は割と厳しめです(苦笑)

 

動画内で同時にご紹介しているもう一つの商品はこちら↓ 

ガンプラ素組みチャンネル用に購入したツールで、初心者には充分だと思います。週末試そうと思いましたが、時間が取れませんでした。。。気長に焦らず行きたいと思います。

 

そして i PhoneX用のケース&レンズです↓

youtu.be

スマホに挟むタイプのワイドレンズやマクロレンズも幾つか持っていますが(一品未開封・・・)スマホを裸(ケース無し)で使うのに抵抗があったり、クリップタイプだとズレてしまうので嫌、という方にはうってつけのケース&レンズです。

▽クリップタイプの2in1レンズは現在1,680円  

 

iPhoneX用のケースで5,980円とちょっと高めですが、割としっかりグリップでき、「特許取得」の物理シャッターボタンで写真が撮影しやすくなります。どうやってシャッターを切っているんだろう・・・と思ったら、「そういえばiPhoneシリーズボリュームボタンシャッター切れるんだ!」と思い出させてくれました。構造については動画でチェック頂ければと思います。

 ▽iPhoneX用以外のケースも販売されています。

 

シャッターの為だけに6,000円??という気もしますが、iPhoneのディスプレイ上に表示されるシャッターボタンだと、押したつもりが押せてなかったり、位置的にどうしても手ぶれしやすくなるので、とっさの時もしっかりした写真や動画を残したい場合などにあると助かるケースです。

そしてネジ式の専用レンズが取り付けられるので、動いていたりポケットに入れているうちにズレてしまうということもありません。

▽SNAPシリーズのレンズはSNAPシリーズのケースに流用可能とのこと(販売店) 

 

動画でも触れていますが、上記商品のワイドレンズはめちゃめちゃ使えると思います。特に動画撮影時の広角撮影は、これまでの不満を解消してくれました。

がっちりケースで端末は保護できても、レンズは出っ張っているので、破損しやすそうなのが気になる点ですが、これは致し方ないですね。気になる方はレンズをこまめに取り外ししましょう。

今回購入した上記のレンズは比較的安価な3,370円でしたが、色々と高価なレンズも販売されているので手を出したくなりますが・・・ 

 

購入したレンズを使いこなせるまでは、手出ししないようにします。多分。

動画内でも触れていますが、Osmo mobileを久しぶりに引っ張り出して、スマートフォンでの手ぶれ無し撮影にチャレンジしたいと思います。

 

 

では、また!

   

 

※ご注意ください:本ブログに記載している事項や価格は個人的に調査した内容ですので、間違いやその後の変更等がある可能性がございます。当ブログでは記事内容を保証致しません。対象商品のご購入を検討される際は、必ずご自身でメーカーやサービス提供企業の公式HP等をご確認の上ご判断ください。また検証内容を再現される際には、必ず自己責任で実施頂きますようお願い致します。