zukiの備忘録

忘れないように

僕が考えた最強のスマートフォンその2~基準を設ける

2019年3月25日記

年度末の重要商談の為、先週はブログも動画もそれほど注力できませんでした。

そんな中、今月(28日間のアナリティクスで)100万回再生を達成することができました。これも皆様のご愛顧あっての事だと感じています。いつも本当にありがとうございますm(__)m

f:id:hyzuki:20190325120518j:plain

本日から仕事の方は一段落する(はずな)ので、またギアを上げて行きたいと思います!どうぞよろしゅう。

 

さて本日は、毎週月曜日定例としている「Zuki的YouTubeLive」の配信日です。前回キックオフしたお題「僕(僕達、私達)が考えた最強のスマートフォン」の続きをやって行きたいと思っています。

youtu.be

 

先週のYouTubeLiveではキックオフということもあって、主旨が上手く伝わらなかった&ご説明できませんでしたが、お題とした「最強」というフレーズから「荒唐無稽」に流れ勝ちだと感じたので、ここは一旦話を戻して整理して「評価システムの構築」という(程大げさではありませんが)視点で話を進めたいと思います。

▽前回のブログ記事はこちら

www.hyzuki.com

 

例えば、前回のライブで頂いた皆さんの意見

・4インチ、5インチ、6インチというコンパクト~フラッグシップモデルをラインナップして欲しい。

・おサイフケータイ&防水防塵必須。

・ポートはTYPE-C。

etc

 

これらを整理して、スマホに求めるスペックを点数割り振りたいと思います。

www.hyzuki.com

今あるスマホを加点方式で採点することで、まずは現時点での「最強」スマホをジャッジしていこうということです。今後色々と試行錯誤が必要だと思いますが、現時点での点数を考えると・・・

①イヤホンジャックあり+10点。

②おサイフケータイ+10点。

③防水性能IPx8で+10点(IPx7で5点・IPx8で更に5点)。

④防塵性能+5点(IP6x)。

⑤ポートがTYPE-Cの場合10点

⑥Antutuスコア10万以上で+5点、3万点毎+5点追加。20万超なら20点。

⑦定価15万円以上を0点、以下5万円下がることに+5点加点。

⑧Wifi11ac対応で+10点、11ax対応で+10点。

⑨RAM4GBで+5点。以降2GB増加毎に+5点。

⑩ROM64GBで+5点。以降64GB追加する毎に+5点。

⑪SDカード対応で+10点。

⑫DSDVで+10点。

⑬トリプルスロットで+10点。

⑭カメラ性能、、、これはDXOMarkのスコアをそのまま流用したい部分ですが、主観が挟まれる部分でもあるので、点数化しにくいですよね。レンズが多ければいいってもんでもないですし。

 

等々、これらを基準を設けて最終的に各セグメント(ディスプレイサイズ毎)の最強スマホを作って行こうという流れになります。

お付き合い頂けると幸甚ですm(__)m

 

是非、皆さんのご意見をお聞かせください!

では、また!

 

▽チャンネル登録もオニャシャス

www.youtube.com

 

▽Twitterはこちら

twitter.com

 

       ※ご注意ください:本ブログに記載している事項や価格は個人的に調査した内容ですので、間違いやその後の変更等がある可能性がございます。当ブログでは記事内容を保証致しません。対象商品のご購入を検討される際は、必ずご自身でメーカーやサービス提供企業の公式HP等をご確認の上ご判断ください。また私が行った検証内容を再現される際には、必ず自己責任で実施頂きますようお願い致します。実施頂いた結果について、本ブログでは一切の責任を負いませんのでご注意ください。