zukiの備忘録

忘れないように

今年のHUAWEIスマートフォン新Pシリーズは売れるのか!?goosimsellerセール始まる!

2019年5月22日記

本日、仕事の都合で家電量販店の近くを通ったので、スマホ夏モデルの動向確認のため立ち寄って、auの販売員さんにちょこっと色々聞いてきました。

その方曰く

・HUAWEIの端末の問い合わせや店頭で聞いてくる人はいない

・au専売の「P30litePremium」も引き合いが薄く、仕入れを抑える方向

・好調なのはGalaxyS10シリーズ。中でもスピードの速いS10+が人気

・AQUOSR3はイマイチ

・Xperia1は聞いてくる人は多いが、発売時期が先なので、、、

といった感じで、現在の端末引き合い状況を回答頂きました。

 

そーですか、HUAWEIは話にも上がらないんですか・・・

そもそもauが扱うP30litePremiumはHUAWEIのライトスマートフォンP30liteの亜種で、キャリア用にROMを64→128GBに増設したモデル。なので名前もプレミアム。

昨日公式に発表されたP30liteの小売価格は32,800円+税で35,424円。

auの価格は税込43,200円。

あくまで通信費用を別に考えたとして、8千円の追加でROMが倍になればお得じゃないかと感じますが、このスマホの購入層はその名の通り、もっとliteな層のはず。

・スマホはSNS中心。ハードなゲームはしないので、ある程度サクサク動いて、写真もそこそこ綺麗に撮れればいい。なによりも価格重視で2万円以下が理想

あるいは

・メイン端末はフラッグシップ持っているので、サブで安いスマホを持ちたい。

こんな層が昨年P20liteを購入したことで、一番売れたSIMフリー端末になったのではないでしょうか。

なので、P30lite自体も公式価格から判断すると市場のニーズより1万円~5千円程度高く、これがauのプレミアムモデルになってしまうと、ちょっと別のセグメント端末になってしまうため、P20liteのようなバカ売れには繋がりにくい、少なくとも初動は遅くならざるを得ないと言えます。

しかし何よりも、昨日のHUAWEIの公式発表で・・・

①現時点でHUAWEIスマホが将来的にアプリの面で問題なく利用できる保証はない

②AndroidOSについてもセキュリティアップデート位しか対応できない

ということをHUAWEI自体が晒してしまった以上、ちょっと詳しい方なら敬遠することになるはずです。

非常に残念ではありますが、昨日のブログで書いた通り一種の戦争になってしまっている以上、ユーザーは手をこまねいて事の成行を傍観するしかありません。

www.hyzuki.com

 

そんな中、発売自体が規制されたわけではありませんので、発売日は予定通りやってきます。P30及びP30lightとも5月24日発売。P30Proは結局SIMフリーモデルの発表はなく、docomo版として夏に発売予定となっています。

 

とブログ記事を書いている最中にニュースが飛び込んできました。

www.ymobile.jp

www.uqwimax.jp

Y!mobileとUQmobileがP30liteの発売を延期するとのことです。

※auも発売延期の報道が流れましたが、現時点でソースを確認出来ませんでした。尚、auの予約は契約者情報入力まで可能でしたが、今後何らかの発表があるものと考えられます。

k-tai.watch.impress.co.jp

www.itmedia.co.jp

 

通信キャリアからの販売は難しくなりそうですね。一般販売店はどうでしょうか?

それでは、SIMフリーモデル2端末のAmazonでの価格をチェックしてみましょう。

※5月22日22時追記 Aamzon、gooSimsellerでも取り扱い中止になったようです。

 どちらも現在入荷未定・品切れとなっています。

HAUWEI P30 ブリージングクリスタル SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】 P30/CRYSTAL/A

HAUWEI P30 ブリージングクリスタル SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】 P30/CRYSTAL/A

 

AmazonではP308万4410円で予約受付中。

尚、同値段でHUAWEIのスマートバンド、BAND3がセットになるモデルがあるので、Amazonで購入される方は、どうせならそちらを購入しましょう。 

 

本命のP30liteはAmazonでは3万5510円 

HAUWEI P30 Lite ピーコックブルー SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】 P30 LITE/BLUE/A

HAUWEI P30 Lite ピーコックブルー SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】 P30 LITE/BLUE/A

 

 

こちらもBand3が同値でセットになるモデルが発売されています。

尚、予約数に限りがあるようですのでご注意ください。

 

格安SIM、MVNOはどうでしょうか?

SIMフリーモデルの登竜門と言えばご存知「俺たちのgooSimseller」ことOCNモバイルONEのセットモデル。

simseller.goo.ne.jp

 

gooSimsellerでのP30の本体価格は6万2800円。税込6万7824円。

更にここから6月10日迄の期間限定価格として4万9800円。

税込5万3784円と、Amazonより3万円以上お安くなっています。

 

f:id:hyzuki:20190522124947j:plain

 

P30liteの方は本体価格は2万2800円、税込2万4624円。

これが発売開始記念特価として6月10日11時迄なら税抜1万4800円、

税込1万5984円で購入でき、Amazonより2万円近く安くなります。

f:id:hyzuki:20190522125319j:plain

 

ただし、これはあくまでOCNモバイルONEの音声SIMとのセット価格。

イニシャルとして音声通話SIMの初期手数料税込3,240円

SIMカード手配料税込425円の合計3,665円と

ランニングとして音声SIMベーシックプラン月756円

データ容量最安プランで1日110MB利用可能な月972円が発生します。

初月は無料で半年経過後に解約可能です。

例えば5月は無料、6月・7月・8月・9月・10月までが最低契約期間6ヶ月、11月になると解除料等が掛からずに解約できるので、結局ランニングは1,728円×6ヶ月分=10,368円かかります。

ランニングとイニシャルの合計は14,033円ですので、最低価格として上記特価にそれぞれ14,033円を上乗せしたのが実際の端末価格とも言えます。

 

f:id:hyzuki:20190522140803j:plain

 

よくYouTubeの動画の方で、このgooSimsellerをご紹介すると、

何故いつもgoosimseller、OCNモバイルONEなのか?というご質問を頂きます。

 

答えは単純で、

①端末価格がどのMVNOより安いから

②音声SIMの契約縛りが半年と比較的短いから

半年経過後にそのままOCNモバイルONEを継続利用することも出来れば、他の格安SIMを使うことも、そもそもSIMを使わずにWifi運用することもできるのです。

もっと安い情報があれば是非お知らせください!

シェアさせて頂きますm(__)m

 

 

<まとめ>

P30Pro Amazon価格84,410円 gooSimseller価格67,817円

P30lite Amazon価格35,510円 gooSimseller価格33,017円

※Amazon版は数量限定band付きモデルあり。gooSimsellerは半年SIM料金含む。

 

 

では、また!

 

▽チャンネル登録もオニャシャス

www.youtube.com

 

▽Twitterはこちら

twitter.com

 

       ※ご注意ください:本ブログに記載している事項や価格は個人的に調査した内容ですので、間違いやその後の変更等がある可能性がございます。当ブログでは記事内容を保証致しません。対象商品のご購入を検討される際は、必ずご自身でメーカーやサービス提供企業の公式HP等をご確認の上ご判断ください。また私が行った検証内容を再現される際には、必ず自己責任で実施頂きますようお願い致します。実施頂いた結果について、本ブログでは一切の責任を負いませんのでご注意ください。