zukiの備忘録

忘れないように

Galaxys9+を買うならどのプラン??夏の新作スマートフォン!docomoとauの料金プラン比較!

2018年5月17日記

昨日に続いて、夏のスマートフォンGalaxys9/s9+はdocomo・auどちらで契約すべきかを、本日は料金プランという視点で比較したいと思います。

↓昨日の記事はこちら

www.hyzuki.com

 

参考にしている料金プランは、それぞれのキャリアのWeb・オンライン価格となります。シミュレーションサイトは末尾にリンクがあります。

昨日も触れましたが、スマートフォンの契約は契約される方の環境により、つまりその方が何を求めるかによって、選択すべきプランが随分と変わってきますので、ここでは一旦、一番普遍的と思われるサンプルの定義をしたいと思います。

 

サンプル

通話料金を気にしたくない方(定額通話し放題)

②自宅にwifi回線があるので、データ容量は月5GB程度あれば足りる方

③2年間契約をする(次の機種変は2年以上先)

④その他

 新規契約で、機種の下取りはなし、固定回線割引・若者割引なども考慮しません。

押し売りなしで、出来るだけシンプルに考えたいと思います。

購入端末は、恐らく明日私が購入しているであろう

Galaxys9+で(苦笑)計算します。

 

1.docomoカケホーダイプラン

端末代金:4,644円×24回

月々サポート:-1,944円

カケホーダイプラン(24時間国内通話定額):2,916円

データパックM(5GB):5,400円

ネット接続料:324円

月額合計:11,340円になります。

 

2.auデータ定額・LTEプラン(カケホ)

端末代金:4,680円×24回

毎月割(月々サポート):-2,016円

カケホ(24時間国内通話定額):2,916円

データパック5(5GB):5,400円

ネット接続料:324円

月額合計:11,304円になります。

 

3.auピタットプラン(カケホ)

端末代金:4,680円×24回

毎月割(月々サポート):なし

auピタットプラン(24時間国内通話定額&データ5GB計算):7,480円 

アップグレードプログラムEX:なし

ビックニュースキャンペーン(24回均し):-500円

月額合計:11,660円になります。

 

どのプランもほとんど代わり映えしないですね。

3.ピタットプランが少し割高になりました。

最安プランは、2.auの定額データ・LTEプランで、1.docomoのプランに比べると

2年間で864円ほどお安くなります。う~ん(苦笑)

 

上記プランを元に

「①’通話は受けるばかりなので通話定額不要

方向けのプランにすると

1a.10,562円(但し、月のデータ容量上限は5GB→20GB

2a.10,152円(但し、月のデータ容量上限は5GB→7GB

3a.10,080円(但し、月のデータ容量上限は5GB→20GB

ここで、少し差がついてきました。

データ容量をどう考えるかによりますが、20GBに揃えようとすると、

2a.の場合、国内通話が1回5分以内無料になるスーパーカケホにすることでデータ容量20GBも選択できるようになります。

但し、1a.に比べ5分無料通話プラン分月額料金も高くなってしまい月額合計11,304円となります。

3a.が一番安くなりました。このプランを、データ容量を20GBのまま国内通話かけ放題に変更すると、3b.月額合計11,700円のフラットプラン(auフラットプラン20)になります。

つまり、3.のピタットプランに月額40円負担するだけで、データ容量の上限が5GB→20GBに大幅アップされるわけです。

なんでそんなことが起こるか?理由は結構単純明快で、3.のピタットプランは

「月々使うデータ容量の変動が激しい方向け」

用に設計されているからです。

ほぼ毎月データを10GB以上使うなら、3b.フラットプランで契約してしまった方がお得ですし、月によってデータ使用量がマチマチだったり、1GB行かない事が多い方であれば、月額の最低料金を8,938円に抑えられるピタットプランの方がお得です。

 

この辺りが、昨日の記事で「auのプランは複雑怪奇」と表現した所以なのですが、フラットだのピタットだの、似たようなネーミングからもそういった印象を持ってしまいます。まぁ、あくまで私の印象ですが。

ただし、良い言い方をすれば

選択肢がたくさんあるのがauのプランとも言えます。

 

さてここまでで、

一番安いプランが3a.のauフラットプラン20(シンプル)

となりました。

それでも1万円オーバーです。高いよ、高すぎるよ。

 

では、単純に最安プランを探っていきましょう。

auの場合、2.の定額プランをもう少しいじると、、、

4.au最安プラン

カケホ:2,916円

データ定額(2GB):3,780円

ネット接続料:324円

端末代金:4,680円

毎月割:-2,016円

月額合計:9,684円にすることが可能です。

この最安プランは、通話はたくさんするけどデータはあまり使わない方向けのプランです。

質問:通話はほどほど、5分通話無料で充分なのでもっと安くできない?

→5分通話無料の「スーパーカケホ」にすると、データ定額1GB=月額3,132円も選択できるようになり「カケホとデータ2GB分」との差額1,728円分が安くなるかと思いきや、スーパーカケホだと毎月割が適用されなくなるので、2,016円-1,728円と逆に288円高くなってしまいます。

質問:それでは、通話無料にならない従量制のプランにしたら安くなる?

→それは2a.のプランです(苦笑)。

 つまり毎月割は適用されるものの、データ容量は7GB固定になる分割高になります。

 

auでとりあえず月額料金を抑えて契約したい場合は、4.のプランが一番安そうです。

 

では、docomoはどうか?

docomoの場合

「5分通話無料(カケホーダイライト)+データ最低2GB(Sパック)」

を選択しても月々サポート(毎月割)が適用されます!

つまり、

5.docomo最安プラン

カケホーダイライト:1,836円

データSパック2GB:3,780円

ネット接続料:324円

端末代金:4,644円

毎月割:-1,944円

月額合計:8,640円にすることが可能です。

 

結論

:Galaxy s9+の最安プラン→

 「docomoのカケホーダイライト+データSパック」

 

質問:

でも、auのピタットプランなら月額最安4,868円になるみたいだけど・・・?

 

はい、前回触れた「アップグレードプログラム」のなせる数字上のマジックです(個人的には否定的なプログラムなので、ちょっと表現がどぎついw)。

 

アップグレードプログラムがどんな方にお得になり、どんな方には不向きなのかについては、次回触れたいと思います。

 

ちなみに、私が契約する予定のプランはdocomoのシェアパックプランなので、端末代金を含めても月額4,622円の負担増になる計算です。

(実際は端末一括支払いにする予定なので、月額にすると-22円になります)

 

各キャリアのシミュレーションサイトは以下のリンク先からどうぞ。

www.nttdocomo.co.jp

 

www.au.com

 

www.au.com

 

では、また!

 

       ※ご注意ください:本ブログに記載している事項や価格は個人的に調査した内容ですので、間違いやその後の変更等がある可能性がございます。当ブログでは記事内容を保証致しません。対象商品のご購入を検討される際は、必ずご自身でメーカーやサービス提供企業の公式HP等をご確認の上ご判断ください。また私が行った検証内容を再現される際には、必ず自己責任で実施頂きますようお願い致します。実施頂いた結果について、本ブログでは一切の責任を負いませんのでご注意ください。